当サイトについて
本気で稼ぐ方法から小銭を稼ぐ方法まで・・・
お小遣い稼ぎの方法を紹介しております。

私が実際に行っているお金稼ぎですが基本として無料です。

為替や株式も紹介しておりますが、
目的は貯金を運用して増やすのが目的です。
ギャンブルではありませんが、確実に儲かる方法ではありません。
資産運用には一定のリスクがあることを理解して頂いて、
収入を増やす手段の検討材料になれば幸いです。


カテゴリ

2013年01月16日

携帯電話を最安プランで使うA(キッズ携帯裏技)

携帯電話最安プランで使うAです。
前回に書いた携帯電話を最安プランで使う@の続きですね。

最安プラン、つまりネットなどせず電話のみの使用で一番安いプランを模索しているわけですが、前回の記事ではau中古携帯の持込で月額1600円か新規で月額1400円のプランがあることを書きました。両方プランとも2年契約縛りがありますが後者は本体は実質0円というとこがポイントでした。

これでも十分安いと思いますがさらに安いプランは存在するか調べました。そして裏技を二つ発見したので今日は一つ紹介します。

今日紹介するのはauキッズ携帯を使った裏技ですね。
私は独身なのであまり調べませんでしたが紹介しておきます。
mamorino(マモリーノ)だったと思います。
月額が780円ですが子供が使うことが条件で一年間月額無料だったかな。
使える機能はメールと電話くらいで発着信は登録した番号のみですが、これ携帯本体が持っている機能ですのでSIM入れ替えると制限無いと思うんですよね。

キッズ携帯の契約はさほど難しくないと思います。
子供本人が一緒か健康保険証とかの子供の存在を証明できるものがあれば良いはずです。気になるところで子供と自分の間柄を証明するような物の提示を求められるかと言うと余程怪しくなければ求められないはずです。現実的に考えて身分証明で間柄証明できないが間違いなく血縁関係の間柄存在するからです。

例を挙げると【おじいちゃんと孫】という関係はこれに該当します。

ショップによって対応が異なる可能性はあるんですが、どの程度までの証明を求められるのかということでショップで確認はしました。

そうなるとやろうと思えばナンとでもなるんでしょうけど私は一瞬思っただけでやりませんでした。
甥っ子も姪っ子も近くにいませんしね。友達に協力してもらう気にもなりませんでしたしね。なんか害は無いといっても気分が悪いですからね。

次の記事で少し面倒ですが正攻法の別の手段を紹介するので子供が居ない方はそちらを考えてみて下さい。


タグ:携帯電話
posted by ゆう at 13:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

携帯電話を最安プランで使う@

仕事で使うために二台目の携帯を使おうと思ったのですが、電話を受けるのがメインで掛ける事は少ないだろうという考えからキャリアは何処でも良いので最安プランについて色々調べました。

今回は旧auの携帯を手に入れたため、それを中心に調べたのでウィルコムとかはスルーしたような感じになっていますが何となくauをチョイスする方向が一番安いような気がします

今日の記事ではau携帯のついて解かったことについて少し触れます。
通常auの携帯での最安プランというのは980円の電話のみのプランですが、ここには実は落とし穴があります。

今回の場合、機種変更ではなく新規でもう一台契約という形になるので料金が少し高めになってしまうということです。おそらくすでにauの携帯を使っていたりすれば家族割りなどの割引プランが受けられたかもしれませんが私の場合はモバイル通信カードしかauでは契約していないので無理でした。

そうなると手に入れた携帯の持込契約か家電量販店などで0円携帯を使用するという選択になるんですが、0円携帯は大抵【実質0円】という感じで実際は0円になる代わりに一定のオプションなどの付加が必要です。今回の目的は長期で安く抑えることではなく目先の月額を押さえることですから0円携帯の場合は持ち込みで1600円程度の月額契約とくらべ目先数ヶ月間は高くなってしまうので除外しました。

auで携帯持ち込みより安く契約はできないかと考えると正攻法では一つありました。機種名を忘れましたが開くタイプの携帯で実質本体価格0円で月額1400円程度のプランです。目先の月額だけならこれが一番安そうです。

持ち込みでも上記の0円携帯でも2年契約縛りがあるので途中解約は約1万円で、0円携帯のほうが月額の分だけ安いように感じますが一点考えなければならない点があります。本体は実質0円ということです。本体は0円というわけではなく契約中は割引を受けていて請求額が0円に見えているだけで実体としてはローンは残っています。つまり途中解約すると未払いの本体の価格が解約料に乗ってくるという点ですね。

2年使う予定があるなら0円携帯ですが、途中解約の可能性がある場合は持ち込みの携帯のほうが有利になる可能性はあります。

参考になったでしょうか?
まだ調べて解かったことがあるので次の記事で書こうと思います。
タグ:携帯電話
posted by ゆう at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。