当サイトについて
本気で稼ぐ方法から小銭を稼ぐ方法まで・・・
お小遣い稼ぎの方法を紹介しております。

私が実際に行っているお金稼ぎですが基本として無料です。

為替や株式も紹介しておりますが、
目的は貯金を運用して増やすのが目的です。
ギャンブルではありませんが、確実に儲かる方法ではありません。
資産運用には一定のリスクがあることを理解して頂いて、
収入を増やす手段の検討材料になれば幸いです。


カテゴリ

2012年11月24日

【FX】円高でも円安でも儲けるチャンスがあるFX

FX(外国為替取引)に対する皆さんのイメージはどうでしょうか?

リーマンショックの前は継続的に円安が進んでいて初心者がいきなり簡単に勝ってしまうような相場が続いていました。理由は非常に簡単で初めてFXトレードを始めた人は”買う”という事を最初にする人が多いと思います。例えばドル/円を1ドルが100円のときに”買う”という事は1ドルが100円以上、101円とか102円になるほうに賭けるということです。相場の流れは円安方向ですから”買う”という事をしていれば知識がなくとも何となく勝ててしまう相場だったということです。それがリーマンショック以降は円安トレンドが終了し、さらにギリシャ問題も重なり世界的に円高傾向が続いてます。

FXというのは”買う”だけではなく”売る”事もできるため円高でも円安でも儲ける事が可能です。しかし、今まで”買う”事によって儲けを出していた人達は”売る”という頭の切り替えが出来ずに大きな損失を出してしまいました。当時はFX関連の書籍でも”絶対勝てる””必勝”などとタイトルで溢れていましたし内容も非常に薄かったですから常勝トレーダーになれたと錯覚した人も多かったのでしょう。私もリーマンショックの前年に初めてヤラレタ一人ですよ。でも今でもやっています。高い授業料を払ったので退場すると勿体ないと思ったからです。

常勝とか必勝方がまやかしというのが知れた今は書籍のタイトルもまともで過度な煽りをしない書籍が増えたので今の方が始め易いのかも知れません。これは個人の性格もありますし得意なトレード手法にもよるところではあるのですが、勝ちやすい相場というのは円高にしろ円安にしろ、どちらかに相場が長期的に動いているときです。同じところを行き来してる相場では意外と勝てなかったりします。

世間でFXが儲けられると注目されて居た時期は円安方向に強く動いていたので勝ち易い相場だったということです。今は儲けられないのか?というと前と変わりません。逆に言うと円安から円高に反転した以降は継続して円高方向に動いていたためリーマンショック前と同じか、それ以上に儲けのチャンスがある相場でした。じゃぁなぜ世間で騒がれなかったかというと日本は輸出国が多いので円高になると企業の業績が悪化して非常に困る国です。そのため円高方向に動いても政府から一定の是正が入るだろうといった希望的観測もあり自信をもって円高だから稼ぐチャンスですよと世間に言えなかっただけのことです。

長年FXを続けていて以前の方が勝てたとかいう幻想は私は持っていません。円高と円安でシッカリとポジションを取れれば今も変わらずチャンス多い金融資産だと思っています。始めるのは早いほうがよいです。早いうちに初めて経験を積むのは重要です。

10万くらいの資金で毎日300円くらい稼ぐつもりで始めるくらいが良いですよ。


【初心者に良いFX業者】


JFXはトレード画面が非常に使いやすくレイアウトを自分で作れます。
小林芳彦さんの相場予想と途中実況が閲覧できるマーケットナビは初心者だけではなくベテランの方にも参考になります。その月の重要指標発表時の動きをリアルタイムで解説してくれるライブチャットもあるので楽しいです。取引単位も千通貨(通常は1万)からで4000円くらいでポジションをもてます。その月のトレード実績に応じて食品やキャッシュバック(最大3000千万)があるキャンペーンも毎月あるので初心者にお勧めしたいです。



雑誌に広告が載っているので知っている方もいるかも知れませんがコチラもお勧めできます。
私は口座はまだ開いていないですがJFXと経営母体は同じだと思います。トレードツールが色以外は全く同じです。同じように千通貨から取引できますし、キャンペーンも食品とキャッシュバックがあります。JFXよりも取引できる通貨は多いですね。

JFXの方が後発なのでヒロセ(ライオンFX)の方が知名度はありますけどキャッシュバックはJFXが大きいです。私がJFXを選んだ理由は小林芳彦さんが書いた書籍
No.1為替ディーラーが伝授する インターバンク流FXデイトレ教本を読んだからですね。小林さんがJFXの社長なんで。


posted by ゆう at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX(外国為替取引) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

【FX】儲かるトレードスタイル

FXに興味を持って色々調べるとトレードスタイルに
ついての事も目に付きますが実際のところ
儲かるトレードスタイルなんて存在するのでしょうか?

FXをやってると言ってもトレードスタイルは
人によって違います。

トレードスタイルの種類
・ポジショントレード
・スイングトレード
・デイトレード
・スキャルピング
・スワップトレード
・システムトレード


ざっと上記の6種類でしょうか?
特に枠にはめる必要は無いですが言葉を知っていれば
FX本や情報を見つけ易いです。

【ポジショントレード】
数週間、一ヶ月以上ポジションを保有して
大きな利益を目指します。
大きな流れを見つけてポジションを取るので
テクニカル分析でのダマシは少ないと思います。
ただし長期間の流れでは思う方向に動かない日も
あるので疑心と戦う事になり根気が要ります。

【スイングレード】
数日から一週間程度で勝負を決めるトレード。
一週間や数日の流れで分析するのでダマシも少なく
ソコソコ収益が出ます。
予想と逆の方向に相場が動くこともありますし、
一日の流れでは疑心に陥る事もあります。
そこそこ収益がでるので損失も大きく出ます。
多少の根気が必要ですが副業的にFXを
やるのであれば最適なスタイルです。

【デイトレード】
一日の中での取引で基本は翌日にポジションを
持ち越さずに全て決済するスタイルです。
それほど大きくない収益を毎日積み上げます。
ファンダメンタルズ分析はあまり気にしない。
チャンス相場は多くなく一日2〜3回あればラッキー。

【スキャルピング】
瞬間的な売買を繰り返して数銭単位で利益確定して
数分間のトレードを繰り返す手法。
デイトレードと区別が難しい。
どんな時間でもチャンスがあるのが特徴。
一定方向に上がってる(下がってる)とか、
同じ値を行ったり来たりしているポイントを見つけたら
そこがチャンス。
一回の利益が少ないので思惑と逆にレートが
動いた場合に損切りが遅れてしまうと、
思わぬ損失が出てしまう。
値動きが激しいときは稼ぎ時と思われがちだが、
FX業者の表示価格が追いつかないなどが発生して
思うように約定できない場合がある。
※これが発生しない業者は私は聞いた事がない。

【スワップトレード】
通貨間の金利差で毎日貰えるスワップ金を
積み上げるトレード。
豪ドル/円などは毎日70円(現在価格)くらい貰えるが、
金利の高い通貨を長期保有して金利を得る。
結構安定的に稼げますが価格の下落なので
為替差損が出ると積み上げたスワップが消し飛ぶ
可能性もある。
リーマンショック前に流行っていた。
今もそこそこ金利差があるので稼げます。
ただし金利低下などでスワップが現象するリスク
もあります。
ユーロ/円などはかつては一日150円くらい
ありましたが今は数円です。
うまく運用すれば銀行よりも得。

【システムトレード】
自動売買です。
プログラムを購入して一定の条件で機械に
トレードしてもらいます。
私はやってませんがプログラムもピン切りですし、
必ず利益が出ると保証されている物ではないので
良いプログラムを見つける事が前提です。
人間の感情を挟まないので損切りや利益確定の
タイミングが一定なのが良いところ。
ただしプログラムも損失を重ねる期間があったり
相場が突然プログラムにあわない期間に
突入する事もあるので、現在のシステムが
現在の相場に適した物か判断することは必須。

【まとめ】
結論で言うと儲かるスタイルは無いです。
自分にあったものがどれかということです。
どの手法もメリット・デメリットがあるので、
私は相場に合わせて使い分けています。
スイングトレードで仕込みをしつつ、
短期的にスキャルピングで参入したりといった
感じです。
まずは小額でそれぞれの手法を自分なりに
試す事が良いと思います。



【おススメFX業者】
長期〜短期どれでもいける万能です。




スプレッドが狭いのでスキャルピングはソコソコ




トレードスタイルに合わせた口座が選択可能。
MT4口座、スワップの高い口座、システムトレード対応。




posted by ゆう at 00:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | FX(外国為替取引) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

【為替取引(FX)】外貨の売買で稼ぐ(FXCM)

お小遣い稼ぐ手段としてすっかり定着した手段の一つに
FX(外国為替証拠金取引)がありますね。

本格的にお金を稼ぐ事もできればお小遣いの足し程度に
稼ぐ事もでき、自分ペースで出来るため非常に人気があります。

とはいえ口座開設をするため業者を調べると数が非常に多く、
初めての方は迷うと思うので参考までの私がトレードをしている
うちの一つを参考までに紹介します。

FXに関する簡単な説明は以下の記事を参照下さい。
【為替取引(FX)】初心者のための簡単な説明




私が使っている業者の一つはFXCMという業者です。
ですが紹介前に一つ断りを入れておくと
正確にはフォーランドオンラインという業者で
現在はFXCMという所に吸収されました。
ただしフォーランドオンラインで口座を開設している人は
旧フォーランドの取引画面を継続して使える状態です。
つまりこれから口座をFXCMで開設した場合は
FXCM提供のシステムを使うので正確には私の環境と
差異が発生すると思いますので予めご了承下さい。

まずFXCMでは取引スタイルにあわせていくつかプランが
あり、その中でフォーランドオンラインの取引条件を
継承したプランとして『プレミアム口座』があります。

主な特徴は
・スワップ金利が高めなので長期トレード向き
※豪ドル/円で一日80円程度の利息です。
・スプレッドは広いので短期トレードには向かない
・両建ては出来ない
・取引手数料は無料
・チャートは優秀


旧フォーランドの画面でしかトレードをしたことがないので、
約定力やサーバー機能の強さなどはわかりませんが、
短期トレードには向かない条件なのでシビアに
気にしなくても良いことではあります。

両建不可というのは同じ通貨で売りと買いの
注文を同時に建てる事が出来ないということです。
本来トレードは売りか買いかどちらかを建てる物
なので重要では無いともいえますし、
初心者は下手に両方立てる環境よりは、
両建不可の環境の方が損切りの重要性などを学べて
良いとは思います。

チャートに関してですがデモで試しに
使ってみたところ非常にカスタマイズ性が高いです。
初めてだと機能が多くて目が回るかもしれませんが、
慣れてきて別の口座に移る場合でも使えるチャートだと
思いますのでチャート目的で口座を開設するだけでも
価値はあるのではないかと思います。

旧フォーランドのチャートが使い安いので気に入って
いますがFXCMのチャートは必要機能は全部満たした上で
性能は完全に上だと思います。

最後に他のプランではスプレッドの狭いプランや、
MT4というプロも使うチャートが使えるプラン、
自動売買プランなど多様なプランがあるようです。


FXCMジャパン証券







posted by ゆう at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX(外国為替取引) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。