当サイトについて
本気で稼ぐ方法から小銭を稼ぐ方法まで・・・
お小遣い稼ぎの方法を紹介しております。

私が実際に行っているお金稼ぎですが基本として無料です。

為替や株式も紹介しておりますが、
目的は貯金を運用して増やすのが目的です。
ギャンブルではありませんが、確実に儲かる方法ではありません。
資産運用には一定のリスクがあることを理解して頂いて、
収入を増やす手段の検討材料になれば幸いです。


カテゴリ

2012年10月23日

【FX】儲かるトレードスタイル

FXに興味を持って色々調べるとトレードスタイルに
ついての事も目に付きますが実際のところ
儲かるトレードスタイルなんて存在するのでしょうか?

FXをやってると言ってもトレードスタイルは
人によって違います。

トレードスタイルの種類
・ポジショントレード
・スイングトレード
・デイトレード
・スキャルピング
・スワップトレード
・システムトレード


ざっと上記の6種類でしょうか?
特に枠にはめる必要は無いですが言葉を知っていれば
FX本や情報を見つけ易いです。

【ポジショントレード】
数週間、一ヶ月以上ポジションを保有して
大きな利益を目指します。
大きな流れを見つけてポジションを取るので
テクニカル分析でのダマシは少ないと思います。
ただし長期間の流れでは思う方向に動かない日も
あるので疑心と戦う事になり根気が要ります。

【スイングレード】
数日から一週間程度で勝負を決めるトレード。
一週間や数日の流れで分析するのでダマシも少なく
ソコソコ収益が出ます。
予想と逆の方向に相場が動くこともありますし、
一日の流れでは疑心に陥る事もあります。
そこそこ収益がでるので損失も大きく出ます。
多少の根気が必要ですが副業的にFXを
やるのであれば最適なスタイルです。

【デイトレード】
一日の中での取引で基本は翌日にポジションを
持ち越さずに全て決済するスタイルです。
それほど大きくない収益を毎日積み上げます。
ファンダメンタルズ分析はあまり気にしない。
チャンス相場は多くなく一日2〜3回あればラッキー。

【スキャルピング】
瞬間的な売買を繰り返して数銭単位で利益確定して
数分間のトレードを繰り返す手法。
デイトレードと区別が難しい。
どんな時間でもチャンスがあるのが特徴。
一定方向に上がってる(下がってる)とか、
同じ値を行ったり来たりしているポイントを見つけたら
そこがチャンス。
一回の利益が少ないので思惑と逆にレートが
動いた場合に損切りが遅れてしまうと、
思わぬ損失が出てしまう。
値動きが激しいときは稼ぎ時と思われがちだが、
FX業者の表示価格が追いつかないなどが発生して
思うように約定できない場合がある。
※これが発生しない業者は私は聞いた事がない。

【スワップトレード】
通貨間の金利差で毎日貰えるスワップ金を
積み上げるトレード。
豪ドル/円などは毎日70円(現在価格)くらい貰えるが、
金利の高い通貨を長期保有して金利を得る。
結構安定的に稼げますが価格の下落なので
為替差損が出ると積み上げたスワップが消し飛ぶ
可能性もある。
リーマンショック前に流行っていた。
今もそこそこ金利差があるので稼げます。
ただし金利低下などでスワップが現象するリスク
もあります。
ユーロ/円などはかつては一日150円くらい
ありましたが今は数円です。
うまく運用すれば銀行よりも得。

【システムトレード】
自動売買です。
プログラムを購入して一定の条件で機械に
トレードしてもらいます。
私はやってませんがプログラムもピン切りですし、
必ず利益が出ると保証されている物ではないので
良いプログラムを見つける事が前提です。
人間の感情を挟まないので損切りや利益確定の
タイミングが一定なのが良いところ。
ただしプログラムも損失を重ねる期間があったり
相場が突然プログラムにあわない期間に
突入する事もあるので、現在のシステムが
現在の相場に適した物か判断することは必須。

【まとめ】
結論で言うと儲かるスタイルは無いです。
自分にあったものがどれかということです。
どの手法もメリット・デメリットがあるので、
私は相場に合わせて使い分けています。
スイングトレードで仕込みをしつつ、
短期的にスキャルピングで参入したりといった
感じです。
まずは小額でそれぞれの手法を自分なりに
試す事が良いと思います。



【おススメFX業者】
長期〜短期どれでもいける万能です。




スプレッドが狭いのでスキャルピングはソコソコ




トレードスタイルに合わせた口座が選択可能。
MT4口座、スワップの高い口座、システムトレード対応。




posted by ゆう at 00:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | FX(外国為替取引) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 このような書き込みがありました。  http://kuchikomi.miraifx.com/?eid=627083#comments
 n (2012/12/05 5:21 PM) サポートに確認したらFXは顧客とクリック証券の相対取引なので、顧客が損した場合クリックの儲けに全部なる。顧客が+利益になればクリックの全部損になるということだった。銀行間取引していると思っていたのに今後はきちんと取引会社調べて口座開設しようと思う。みんなそうなのかな?
     
 これに関連して、どなたも1度は必ずお読みになり、理解し、納得したはずの、業者の説明書「契約締結前交付書面」から引用します。
●当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。(外為ジャパンFX)
●FX取引は取引所取引とは異なり、相対取引(当社がお客様の注文の受け手となり、それぞれが売り手と買い手となる取引)となります。相対取引ではお客様と当社の利益が相反することになります。 (外為ジャパンFX)
●当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。(GMOクリック証券)
●当社は、SBI リクイディティ・マーケット株式会社がインターバンク市場の実勢外国為替レートに基づいて提示している為替レートに、一定の額を加減した為替レートをお客様に提示しています。(SBI FXトレード)
●株式会社外為オンラインの店頭外国為替証拠金取引は、私と同社との相対取引であり、為替レートが他の情報(テレビやインターネット等)とは必ずしも一致しないことを理解しています。(外為オンライン)
●お客様は当社に対し、外国為替市場の取引レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外の外国為替レートを主張できないことをあらかじめ了承するものとします。(FX24インターネット取引)  
●当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しております。当社が提示するレートはカバー先や同業他社が提示しているレートと一致するものではなく、当社独自の判断により、他社の提示するレートと大きく乖離することがあります。このため、同業他社のサービスを利用した取引と比較して損失が拡大したり、ロスカットが発生したりすることがあります。(みんなのFX)
●「FXブロードネット」は私と貴社との相対取引であり、為替レートが他の情報(テレビやインターネット等)とは必ずしも一致しないことを理解しています。(FXブロードネット)
     
 どの業者も「当社が勝手に設定したレートを独自に配信しています。これを理解し、納得して会員登録をしてください」と説明しています。レートが違えばインターバンクでの取引はできません。
 「株は仲介取引・受渡決済ですがFXは相対取引・差金決済なので、利益が相反することになり、皆さんが損した分が当社の売り上げになり、皆さんが儲けると当社は赤字倒産します。そこで、目立たないように工夫して当社独自のレートを配信して倒産を防いでいます。投資・資金運用の対象にはなりませんが、スリル満点、充分楽しく遊べると自信を持っていますので、どうぞ当社のFXでたっぷりゲームを楽しんでください」そのように言っていると思います。(本音・欲に目が眩んで、株と同じように投資・資金運用の対象になるとの幻想を抱き、多額の資金を貢ぎ込んでくれる方がいらっしゃることは喜ばしいことです。加えて「しっかり研究すれば儲けることもできる」と無責任にそそのかしてくれるお調子者もいて、助かります。アフィリエイトという制度を利用して「広告宣伝費勘定」でアジテーターを援助しています。)
      
 「契約締結前交付書面」をちゃんと読むと、業者が説明責任をはたしていることが分かります。
 詳しくはこの人のホームページでどうぞ。
 「FX、お客が損すりゃ業者は儲かる」仕組みの解明と適切な後始末を
http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/fx.html
http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/fx-2.html
Posted by shinsetsu at 2014年02月07日 10:07
FX、業者はレート操作をちゃんと説明している
 会員に配信するレートは業者が勝手に作っています。時にはテレビやインターネット等マスコミ報道のレートと上下反対の動きをすることもあるでしょう。そんな状況でどのようにしてチャートを読むことができるでしょうか?多くの会員がチャートを読んだ結果と反対の動きをするかもしれませんよ。またレートが違えばば同業他社・カバー銀行・インターバンクとの取引は出来ません。カバー取引も同様。NDDはなし。即ちこれ「のみ行為」。仲介取引・受渡決済の株取引とは違って相対取引・差金決済のFXは会員の損した分が業者の売上・利益になり、投資・資金運用の対象にはなりません。パチンコと同じように金を払って遊ばせてもらうゲーム・娯楽・合法賭博です。
 業者は説明責任を果たしているけれど、入会希望者の中にはちゃんと読んでなかったり、理解してない人もいるようです。誤解して痛い思いをしても自己責任であり本人が笑いものになるだけですが、他人に間違った印象を与えていたら、これは罪作りなことですよ。
 誰もが一度は読んで、理解し、納得したはずの「契約締結前交付書面」から引用します。
●当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。(外為ジャパンFX)
●FX取引は取引所取引とは異なり、相対取引(当社がお客様の注文の受け手となり、それぞれが売り手と買い手となる取引)となります。相対取引ではお客様と当社の利益が相反することになります。 (外為ジャパンFX)
●当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。(GMOクリック証券)
●当社は、SBI リクイディティ・マーケット株式会社がインターバンク市場の実勢外国為替レートに基づいて提示している為替レートに、一定の額を加減した為替レートをお客様に提示しています。(SBI FXトレード)
●株式会社外為オンラインの店頭外国為替証拠金取引は、私と同社との相対取引であり、為替レートが他の情報(テレビやインターネット等)とは必ずしも一致しないことを理解しています。(外為オンライン)
●お客様は当社に対し、外国為替市場の取引レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外の外国為替レートを主張できないことをあらかじめ了承するものとします。(FX24インターネット取引)  
●当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しております。当社が提示するレートはカバー先や同業他社が提示しているレートと一致するものではなく、当社独自の判断により、他社の提示するレートと大きく乖離することがあります。このため、同業他社のサービスを利用した取引と比較して損失が拡大したり、ロスカットが発生したりすることがあります。(みんなのFX)
●「FXブロードネット」は私と貴社との相対取引であり、為替レートが他の情報(テレビやインターネット等)とは必ずしも一致しないことを理解しています。(FXブロードネット)
      *   *   *   * 
 業者は説明責任を果たしています。もう「FXがのみ行為であること」を隠し通すのはやめにしましょうよ。そして「FXは投資・資金運用の対象にはならない。それを知っているくせに何もしなかった。不作為の作為!!」と非難されないようにしてください。詳しくは下記リンク先を読んで下さい。
●FXは金融商品取引法に定められた合法「のみ行為」なのですよ http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/fx.html
Posted by yamasita at 2015年04月17日 10:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。